カテゴリー :泉州ボルコン杯 DM volcano

DM volcano

デュエルマスターズ ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【レポート】第3回 泉州ボルコン杯

【第3回 泉州ボルコン杯】

 告知期間は1か月足らずで、バタバタとしてしまいました。
 毎回懲りません(汗)

 主催者がしばらくDMから遠のいていたために、
 大会レギュレーションなどに不備があったかもしれませんが、
 9人もの方にご参加いただきました。

 第1回などと比較すると人数的には寂しいですが、
 第1回からずっと参加してくれている方、
 この大会がきっかけでボルコンを組んできてくれた方、
 この大会のためにボルコンを勉強してきてくれば小学生など、
 内実は、主催者としては、充分に満足できるものでした。

トーナメントひょう

 優勝は、takkminさんでした。
 今回で2回目の参加。前回の雪辱を晴らせたようです!

 <入賞者のデッキレシピ>
  1位:takkmin(さん)
 first.jpg
 青黒赤のドラゴン軸のボルコン。《スピア・ルピア》、《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》などでドラゴンを軽減して、ボルメテウスに繋げる流れが印象的でした。

  2位:しょういち(さん)
second.jpg
 白青黒赤の伝統的カラーリングのボルコンです。こちらもドラゴン軸ですが、takkminさんのドラゴン軸とは少し様相が変わります。《連龍陣》の活躍が目に焼き付けられました。

  3位:やっさん(さん)
third.jpg
 白青黒赤のボルコンです。こちらは、ランデス基軸で、《停滞の影 タイム・トリッパー》、《リアリティ・ヴォイド》、《ボルザード・ドラゴン》/《レオンザード・ドラゴン》などの活躍が強く印象に残っています。


 第3回にご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 第4回の開催も近々予定しております。
 またお知らせしますので、こぞってご参加ください。
 

 
スポンサーサイト

| 泉州ボルコン杯 | 02:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第3回 泉州ボルコン杯 まとめ

bolconcupban.png


「第3回 泉州ボルコン杯」のまとめページです。
本来であれば、「泉州DM」に記載すべきですが、諸事情によりこちらに掲載しています。

<大会基本情報>
第3回泉州ボルコン杯(基本情報)

<会場情報>

大きな地図で見る
※お問い合わせは、会場ではなく、こちらのブログにお願い致します。

<特別ルール(構築規定)>
構築規定

こちらはテキスト版(別窓で開きます)
※ 第2項の「ボルメテウス」のみ、プロキシを貸し出します。
  プロキシ使用を希望する方は、当日14:50〜15:00の間に大会受付まで申し出てください。
  なお、運営が貸与するプロキシ以外の使用は禁止とし、プロキシ使用者はスリーブ着用を義務とします。

<参加申込フォーム>


| 泉州ボルコン杯 | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第3回 泉州ボルコン杯 構築規定

第3回泉州ボルコン杯開催に当たって、構築規定を変更いたしました。

<泉州ボルコン杯 構築規定>

「ボルメテウス・コントロール」であること、公式プレミアム殿堂レギュレーションに従っていることの他に以下を追加の規定とします。

1.デッキに同名カードは1枚しか入れることができない。
⇒《四十日鼠 チョロチュー》などデッキに複数枚入れることができるカードも1枚しか入れることができない(2017.9.16変更)。

2.《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》/《ボルメテウス・レッドドラグーン》/《真実の名 ボルメテウス・ゼロ・ドラゴン》/《ボルメテウス・ブラック・ドラゴン》/《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》を合わせて必ず2枚以上入れなければならない(2017.9.16変更)。                      
⇒これらのカードも全て1枚ずつしか入れることができない(2017.9.16変更)。

3.自然文明を除いた3文明以上で構築の上、使用する文明のカードはそれぞれ8枚以上入れなければならない。

4.多色カードは合計4枚以下でなければならない(2017.9.16追加)。

5.コスト1,コスト2のクリーチャーは合計2枚以下でなければならない。

6.スピードアタッカー(「スピードアタッカー」を付与するクリーチャーも含む)及び進化クリーチャー(NEOクリーチャーも含む)は合計2枚以下でなければならない (2017.9.16変更)。

7.デッキ内のクリーチャーは合計30枚以下でなければならない。

8.「パーフェクト」と名のつくカードをデッキに2枚以上入れることはできない。
⇒同一デッキ内で、《不滅の精霊パーフェクトギャラクシー》と《反転する不完全(ミスター・パーフェクト) ギャラクシー》とを一緒に使用することはできない。

9.公式プレミアム殿堂レギュレーションに加えて以下のカード・小道具を使用禁止とする。次のカードはデッキに入れることができない。

・自然文明のカード全て
・ゼロ文明のカード全て(ただし、《真実の名 ボルメテウス・ゼロ・ドラゴン》はその対象ではない)
・サイキック・クリーチャー全て
・ドラグハート全て
・禁断クリーチャー全て (2017.9.16追加)
・D2フィールド全て (2017.9.16追加)
・《奇石 タスリク》 (2017.9.16追加)

・《高貴の精霊龍 プレミアム・マドンナ》
・《ガチンコミニロボ1号》
・《封魔ゴーゴンシャック》
・《ガイアクラッシュ・クロウラー》
・《害悪のカルマ スタバック》
・《悪魔龍 ダークマスターズ》(2017.9.16追加)
・《阿修羅ムカデ》(2017.9.16追加)

・《メガ・マナロック・ドラゴン》
・《R・S・F・K》
・《至宝 オール・イエス》
・《タイム3 シド》(2017.9.16追加)
・《時の秘術師 ミラクルスター》(2017.9.16追加)
・《大音卿 カラフルベル》(2017.9.16追加)

・《閃光のメテオライト・リュウセイ》
・「バジュラ」と名の付くカード
・「バルガ」と名の付くカード
・コスト6以下の進化クリーチャー(NEOクリーチャーも含む)(2017.9.16変更)
・コスト6以下の「スピードアタッカー」を持つクリーチャー(「スピードアタッカー」を付与するクリーチャーも含む)(2017.9.16変更)

・「Tブレイカー」「Qブレイカー」を持つクリーチャー
・「ガチャ」と呼ばれる各種フィギュア(2017.9.16追加)

10.当大会では、準決勝以降、サイドボードの使用を認める。
サイドボードは、3枚までとする。また、デッキに登録されているカードと同名のカードを入れることはできず、サイドボードの《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》/《ボルメテウス・レッドドラグーン》/《真実の名 ボルメテウス・ゼロ・ドラゴン》/《ボルメテウス・ブラック・ドラゴン》/《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》は規定2項の合計枚数に含まれない。サイドボード内のカードについては、上記の規定を適応しないが、調整後に、デッキが上記1~9項に準じていなければならない。 サイドボードによる調整後、デッキが規定に準じていないことが判明された者は即時失格となる。
なお、サイドボードを用いた調整は、準決勝マッチ間に行われる。
⇒○回戦終了→サイドを用いた調整→準決勝→サイドを用いた調整→決勝

| 泉州ボルコン杯 | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第3回 泉州ボルコン杯 参加申し込みフォーム


| 泉州ボルコン杯 | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第1回泉州ボルコン杯上位デッキ公開

第1回泉州ボルコン杯のデッキレシピ上位3つを公開させて頂きます。


3位
HN:地蔵

 〈メイン 40枚〉
1x 黙示賢者ソルハバキ
1x 魔光王機デ・バウラ伯
1x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
1x 虚構の支配者メタフィクション
1x 不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー
1x 光神龍スペル・デル・フィン

1x パクリオ
1x 蒼狼の始祖アマテラス
1x 斬隠オロチ
1x エナジー・ライト
1x ブレイン・チャージャー
1x 爆進エナジー・スパイラル
1x ブレイン・タイフーン
1x トリプル・ブレイン
1x ガチンコ・スロット

1x 解体人形ジェニー
1x 龍神ヘヴィ
1x 魔龍バベルギヌス
1x 威牙の幻ハンゾウ
1x 偽りの名 ヤバスギル・スキル
1x リバース・チャージャー
1x バブル・トラップ
1x 拷問ロスト・マインド
1x インフェルノ・サイン
1x 地獄門デス・ゲート
1x ガチンコ・ジョーカー
1x ロスト・ソウル

1x ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン
1x 龍神メタル
1x 偽りの名 バザガジー・ラゴン
1x ボルメテウス・レッドドラグーン
1x 永遠のリュウセイ・カイザー
1x 超銀河龍 GILL
1x 超銀河弾 HELL

1x 墓守の鐘ベルリン
1x 魔天聖邪ビッグディアウト
1x 魂と記憶の盾
1x スーパー獄門スマッシュ
1x 伝説の秘法 超動
1x 英知と追撃の宝剣

 〈サイド 3枚〉
1x デ・バウラ・チャージャー
1x 停滞の影タイム・トリッパー
1x 狼虎サンダー・ブレード


2位
HN:アレックス

 〈メイン 40枚〉
1x 黙示賢者ソルハバキ
1x 魔光王機デ・バウラ伯
1x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
1x 虚構の支配者メタフィクション
1x 不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー
1x 勝利の女神ジャンヌ・ダルク
1x 偽りの王 ナンバーナイン
1x デ・バウラ・チャージャー

1x パクリオ
1x スペース・クロウラー
1x バキューム・クロウラー
1x トリプル・ブレイン
1x 蒼狼の始祖アマテラス
1x 斬隠オロチ
1x サイバー・W・スパイラル
1x エナジー・ライト
1x ブレイン・チャージャー
1x ガチンコ・スロット

1x 解体人形ジェニー
1x 魔龍バベルギヌス
1x 威牙の幻ハンゾウ
1x リバース・チャージャー
1x バブル・トラップ
1x インフェルノ・サイン
1x 地獄門デス・ゲート
1x ガチンコ・ジョーカー
1x ロスト・ソウル

2x ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン
1x 偽りの名 バザガジー・ラゴン
1x 永遠のリュウセイ・カイザー
1x 超銀河龍 GILL
1x クリムゾン・チャージャー

1x 墓守の鐘ベルリン
1x 腐敗勇騎ガレック
1x 魔天聖邪ビッグディアウト
1x 閃光のメテオライト・リュウセイ
1x 魂と記憶の盾
1x スーパー獄門スマッシュ
1x 伝説の秘法 超動
1x 執拗なる鎧亜の牢獄

 〈サイド 0枚〉

1位
HN:なつぅや

 〈メイン 40枚〉
1x 光牙忍ハヤブサマル
1x 魔光王機デ・バウラ伯
1x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
1x 不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー
1x 勝利の女神ジャンヌ・ダルク
1x 凍結の魔天ダイイング・メッセージ
1x 湧水の光陣

1x パクリオ
1x ストーム・クロウラー
1x バキューム・クロウラー
1x 蒼狼の始祖アマテラス
1x 斬隠オロチ
1x サイバー・W・スパイラル
1x エマージェンシー・タイフーン
1x エナジー・ライト
1x コアクマンのおつかい
1x ブレイン・チャージャー

1x 解体人形ジェニー
1x 龍神ヘヴィ
1x 魔龍バベルギヌス
1x 威牙の幻ハンゾウ
1x 暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ
1x リバース・チャージャー
1x 拷問ロスト・マインド
1x 地獄門デス・ゲート
1x ガチンコ・ジョーカー
1x ロスト・ソウル

1x 万里の超常 ボンバルディア 4000
1x ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン
1x ボルメテウス・レッドドラグーン
1x 永遠のリュウセイ・カイザー
1x 炎晶バクレツ弾

1x 熱湯グレンニャー
1x 墓守の鐘ベルリン
1x 腐敗勇騎ガレック
1x 魔天聖邪ビッグディアウト
1x 閃光のメテオライト・リュウセイ
1x 魂と記憶の盾
1x 執拗なる鎧亜の牢獄
1x 演奏と真剣のLIVE

 〈サイド 0枚〉


わか八郎さんが以前からおっしゃられているように「ボルコンは地方文化だ」ということを感じさせられる大会になりました。デッキレシピからも、それが感じられると思います。デッキレシピはその地方ごと、ショップごとに調整の過程で相関しあってるのでしょうね。
そのなかでも、先日発売された構築済みデッキ収録の《魔天聖邪ビッグディアウト》は新たな除去内臓クリーチャーとして採用しているデッキが多かったように思います。また、《閃光のメテオライト・リュウセイ》の採用も多かったように思います。上位2人のデッキに《サイバー・W・スパイラル》が採用されているのも特徴的ですね。また、今回の泉州ボルコン杯では、「パーフェクト」と名の付くカードはデッキに1枚のみという制限がありました。全体的にやはり《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》の採用が目立っていました。

| 泉州ボルコン杯 | 17:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。