「他を知り 己を知れば 百戦危うからず」その2 DM volcano

DM volcano

デュエルマスターズ ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「他を知り 己を知れば 百戦危うからず」その2

・相手のマナゾーンを見て、デッキタイプを知る
   これについては、前回の記事で説明しました。
・相手の超次元ゾーンを見て、デッキタイプを知る。
   マナゾーンと同様に、超次元ゾーンからも情報を得られますが、
黒緑墓地進化速攻など基本的に超次元を使わないデッキにおいて、
デッキと全く関係の無いカードを投入するといったフェイクがみられることもあります。
・ピーピングハンデスから情報を得る。
   〈解体人形ジェニー〉が一般的に強いとされる所以は、ピーピングハンデスというところにあります。
ピーピングハンデスは、盤面において強いカードを抜き取るだけでなく、
他の手札のカードを把握するということができてしまいます。
・サーチ系カードからシールドを盗み見る
   デュエルマスターズで超次元以外のカードが存在しえる領域は以下の6つです。
          (手札、マナ、シールド、墓地、バトルゾーン、デッキ)
これを見てみると、自分のカードの中で公開されていないのはデッキとシールドのみです。
もともとデッキには40枚の自分の入れた決まったカードしか入っていないのですから、
デッキを見ることができれば、シールドの内容は、丸わかりです。


今回はこのくらいにしておきましょう。


ピーピングハンデス:【カードの能力などで本来公開情報ではない領域を覗き、手札破壊をすること】
スポンサーサイト

| コラム | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dmvolcano.blog29.fc2.com/tb.php/164-e8da5db0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT