ボルコンにどのようなカードを採用すべきか② DM volcano

DM volcano

デュエルマスターズ ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボルコンにどのようなカードを採用すべきか②

前回の続きです。

・シークレット・クロックタワー/ブレイン・ストーム/エマージェンシー・タイフーン
  コスト2域のドローソースを並べてみました。ハッキング・サーチなどもありますが、今回は上記3枚を採り上げます。この3枚に共通することは、単なるドローではないということです。つまり、「○枚みて・・・」という能力があるということです。クロックタワーは、3枚見て、それぞれを手札・トップデック・ボトムに置くという能力です。ブレインストームも似た能力のように思えますが、これらの違いをあげると、①見たカードすべてを近いターンに使える(しかし、いらないカードも手札にやってくる)②手札のカードを山札に積みなおせること(クロックタワーにはできない)③トリガーでない となります。 残るエマージェンシー・タイフーンは、既記の2枚と比較した場合に、①2枚しか見ることができない②山札が2枚減ってしまうという問題点がある一方、墓地利用しやすくなるという利点もあります。 この枠は非常に好き嫌いが分かれる枠だと思います。2コストのドローは入れないという人もいますし、3枚とも積んでいるという人もいるでしょう。

・エナジー・ライト/コアクアンのおつかい
  ギャラクシーと同様に、大抵の方がデッキに入れていることと思います。長くなりそうなので、簡単に書きますが、このカードの凄みはコスト3で簡単に手札を1枚増やせるというところにあります。つまり、デッキ枚数が厳しい状況にまで追い込まれない限りは、いつでも有用なカードなんですよね。蛇足かと思いましたが、コアクアンのおつかいを併記しておきました。こちらは運次第なので、なんともいえませんが、構築の時点でバランスに気遣って採用している方も多々見受けられます。

・爆進エナジー・スパイラル/ネオ・ブレイン/フォーチュン・スロット
/ブレイン・チャージャー/ドンドン吸い込むナウ/スペース・クロウラー/クリスタル・メモリー
  コスト4域のドローソースです。上段は2枚ドローできるもの、下段は1枚ドローできるものです。 エナジー・スパイラルはドローだけでなく、バウンスにも使えるので、腐ることのないカードです。 ネオブレインは、エナジーライトにS・Tが付いてコスト1重たくなったカードです。トリガーにこだわりが無ければ、エナジースパイラルで十分です。 フォーチュン・スロットは、単なるドローではなく、クロックタワーのように、カードを選んで手札に加えるカードです。選択肢が増えるものの、相手に何を手札に加えたのかがバレてしまいますし、クリーチャー:呪文のバランスが良くないと1枚しか手に加えられないということも起こってしまいます。 ブレイン・チャージャーは、ドローに重きを置いているというよりも、チャージャーサイクルの中でも有用ということで採用されがちです。 ドンドン吸い込むナウはSTですので、運がよければ、1枚カードを手札に加えながら、スパイラルゲートを打つということが可能です。ただし、構築上どうしても火文明が少なめになりがちなボルコンには難しい選択となります。 スペース・クロウラーは、これまでと大きく異なる点はクリーチャーであるということです。 クリスタルメモリーは、デッキから好きなカードを手札に加えることが出来、デッキの中身を確認するとともに、シールドの中身まで間接的に確認できます。しかし、このカードを唱えた返しのターンに、ハンデスで狙い撃ちされるという恐怖感もあります。

・トリプル・ブレイン
  3枚ドローというのは、非常に強力です。キッチリと打てることが出来れば、勝利への第一歩です。ただし、エナジーライトなどと違って、小回りが利かないのが痛いところです。

・雷鳴の守護者ミスト・リエス/バキューム・クロウラー/蒼神龍ヴェール・バビロニア
  いわゆる置きドロソです。コスト5域のものを併記しました。 まずは、個人的に、大好きなミストリエスです。手札を減らすことなく、クリーチャーを召喚することが出来る上、相手がクリーチャーを召喚することへの若干の牽制とも成り得ます。 バキューム・クロウラーは、ターン開始時のドローに+1できるという能力です。一見、デメリットに思える自クリーチャーバウンスですが、これでジェニーなどを使いまわすということが可能です。 ヴェールバビロニアは、ターン開始時のドローをエマージェンシータイフーンに変えるという能力です。引く枚数は変わりませんが、変則的なものとして併記しておきました。

・ストーム・クロウラー/黙示賢者ソルハバキ/炎晶バクレツ弾
  マナ回収枠です。ストームクロウラーとバクレツ弾は対照的なカードです。前者は5000までを引き受ける守り手として、後者は5000までを焼くことが出来る攻撃手として働きます。 ソルハバキは2コストという軽さが魅力ですが、トップデックから引いたときの弱さが目立ちます。 他にも、マナ回収のカードとしては、ハイパー・ウェーブやメビウスの回廊などがありますが、今回は代表的な上記3枚のみに止めて置きます。







スポンサーサイト

| コラム | 01:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dmvolcano.blog29.fc2.com/tb.php/227-8601d6a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。